睡眠時間

こんにちは。塾長の山崎です。とても暑い日が続いていますね。先日は自転車で伊豆大島を一周してきたのですが、暑くて湿度が高い上に、アップダウンが多くてヘロヘロになってしまいました。たいして練習をしていないのに序盤から飛ばし過ぎたせいで後半は友人に山の中に置いて行かれてしまいました…

今回は睡眠時間について書いてみたいと思います。とても平凡で何の新しさもないのですが、早寝早起きって本当に大切だと思います。しっかりと寝ていれば仕事や勉強にも集中して取り組めるので日中の時間を有意義に過ごせるのですが、睡魔に耐えつつ過ごした日はほとんど何も生み出しませんよね。睡眠不足だと、あまり頭を使わなくてもできる一日のメニュー(雑務)をこなすことで精いっぱいで、自分を高めるような価値のあることは何もできません。授業を受けていても、起きていることが精一杯で勉強どころではないですし、ちょっとでも頭を使う問題はスルーするしかありません。私も、きちんと寝ているときは新しい試みとか業務改善などについて色々と考えることができるのですが、睡眠不足の時は今日最低限やるべきことをやるので精一杯になり、将来のためになる仕事にはほとんど手が回らなくなってしまいます。

でも、夜の寝るまでの時間って楽しい自由時間なんですよね。楽しいからついつい寝る時間が遅くなってしまう。だけど、ここでいかにして「あっ、もう寝る時間だ」と自由時間と決別して眠りにつけるかが大切なんですよね。特に小学生や中学生はついつい時間を忘れて起きていてしまうので、ご家族の中でしっかりと声かけをすることが大切だと思います。運動にしても勉強にしても、成長する子はしっかりと寝ています。睡眠不足の子は半病人みたいな目をしていて、「これじゃあ授業を受けていても意味がないだろうな」ということがすぐに分かってしまいます。

十分な睡眠は勉強のためだけではなく、健康な身体をつくるためにも非常に大切です。しっかりと寝て、意味のある毎日を過ごしてもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です