継続の難しさと偉大さ

ものごとを成し遂げる際の一番の壁は、継続であると思います。
やる気をもって始めたことでも、時間が過ぎるにつれてやる気は減退していき、いつの間にかやらなくなってしまいます。勉強も、運動も、ダイエットも、禁酒や禁煙も、続けていくことは本当に難しいです。それが自分自身にとって良いことだと分かっていても、誘惑に負けてしまい、気がつくと元の生活に戻ってしまいます。

私はジョギングをライフワークとしていますが、寒い日や風が強い日はどうしても走りたくなくなります。そしてびっくりすることに、いくらでも言い訳が思いついてしまうのです。「他にやらないといけないことがある」、「仕事で疲れている」、「忙しい」、「時間がない」、「眠い」、「寒い」、「やる気が出ない」、「昨日頑張ったから今日はいいか」、「明日頑張ればいいか」、「あんまり頑張りすぎるのはかえって良くない」、「調子が悪い気がする」、「1日くらいサボっても変わらない」、「オリンピックに出るわけでもないし」、「もっと他のことに時間を使った方が良いのではないか」、などなどです。

以上の言い訳はほんの一部です。実際には状況に合わせてもっと複雑な言い訳を考え出してしまいます。なぜこうも毎回毎回違う言い訳が思いつくのか不思議になります。言い訳選手権があればなかなか良い成績が収められるかもしれません。しかし、このような誘惑に打ち勝って走り終わったあとは、「やっぱり走って良かったな」と思います。「走らなければ良かった」と思うことはまずありません。走る前に考える様々な言い訳は、楽な方向に逃げたがる本能のようなものだと思います。本能に負けずに我慢して続けられなければ、能力を上げることはできないと思います。一流と言われる選手たちでも、練習を毎日継続することは難しいそうです。ランナーにとって一番難しいことは、朝起きてランニングシャツに着替え、家の外に出て最初の一歩を踏み出すまでだそうです。そこを乗り越えるまでの大変さは、一流ランナーであっても市民ランナーであってもまったく変わりないそうです。

勉強についても同じだと思います。勉強において最も困難な瞬間は、机に向かうまでです。テレビや携帯電話、ゲームやごろ寝から自分を引きはがし、机に向かい、テキストを広げてペンを持つまでが一番大変です。勉強ができない子の多くは、勉強机に向かうまでのハードルを乗り越えられません。そのような子達はよく、「勉強の方法が分からない」、「忙しい」、「時間がない」、「問題文の意味が分からない」、「やる気が出ない」、「疲れている」、「勉強なんて将来役に立たない」、「自分には才能がない」などなどの言い訳をします。しかし、これが楽しいゲームであれば、「やり方が分からなくても」、「疲れていても」、「忙しくても」、「時間がなくても」、「将来役に立たなくても」、「才能がなくても」、何とかやろうとするものです。勉強もゲームも個人の能力差によってクリアするまでに必要な時間は異なりますが、毎日ずっと続けていれば、どちらも必ずクリアできます。やり方や才能が重要なのではなく、それを継続してやり続けられるかが大事なのです。子供たちは様々な言い訳を駆使して大人を困らせたり、納得させようとしたり、理解してもらおうとし、何とか自分が勉強しなくても良いように考えをめぐらせます。これまで無数の言い訳をしてきた私からすれば、言い訳をすることで苦しみから逃れようとする子供たちの気持ちがたいへん良く分かります。一方で、継続の偉大さを日々痛感してもいます。そのため、教師として、大人として、子供たちの怠惰や言い訳は全力で矯正していかねばならないと思っています。

S.T進学教室が生徒たちに伝えたいことの一つに、忍耐して継続することの重要性があります。どんなに優れた勉強法を知っていたとしても、忍耐して継続できなければまったく成果は出せません。逆に、多少勉強方法が非効率であったとしても、忍耐して継続していればそれなりの結果が出せるのです(もちろん塾としては、効率的なやり方を指導します)。

塾としては、継続することで得られる結果の偉大さ、継続することで得られる精神的強さを伝えていきたいと考えています。それを伝えていくためには、我々教師自身が仕事や勉強などにおいて、忍耐をもって継続していかねばならないと考えています。そして5教科の勉強というものは、忍耐力と継続力を鍛える上で格好の材料になります。忍耐と継続ができれば、どのような時代であっても、決して能力が高くなくても、しっかりと生きていくことができると思います。

子供たちに継続、忍耐を実践してもらうために、時に楽しく、時に厳しく、忍耐強く、諦めず、試行錯誤しながら、大切なことを伝え続けていきたいと思っております。 seo company usa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です