2学期中間テスト対策

10月に入りました。14日には与野西中の中間テスト、18日には与野東中の中間テストがあります。S.Tでは先週からテスト対策を実施しており、週7日塾に来て勉強してもらっています。

 

中学生ですから、部活のないテスト期間中はゲーム漬けになってしまう子も少なくありません。恥ずかしながら私も中学生の頃はテスト期間中にも関わらずテレビゲームに夢中になり一夜漬けで試験に臨んだこともありました(もちろん結果は散々でしたが…)。

 

そんな中学生にとっては、とかく勉強するための「環境」が重要です。友だちと一緒にショッピングモールのフードコートで勉強してもおしゃべりで終わってしまうでしょう。自宅で勉強できる子がいる一方で、自宅だとどうしても休憩ばかりが多くなり、あまり勉強しないまま一日が終わってしまう子も少なくありません。やはり充実した勉強をするためには、自分が一番勉強に集中できる環境に身を置くことが大切だと思います。

S.Tのテスト対策では毎回、勉強する内容と時間、勉強方法を指定し、制限時間になると確認テストを実施して習熟度を測定しています。勉強内容や勉強時間を明確に指示することで、無駄がなくメリハリのある勉強姿勢を身につけることができます。また、毎回必ず確認テストを実施することで勉強が単なる「ポーズ」になってしまっていないか、得点が取れる勉強ができているかの確認もできます。テストは一人ひとりに提出してもらい、どこでどんな風に間違ってしまったのか確認し、どのように勉強しなければならないのかをアドバイスしています。分からない問題については個別で説明をします。

「テスト勉強をしているのに成績が上がらない」、「学校のワークをやっているのに点数が取れない」という子には、必ず勉強方法で改善すべき点があり、自分自身ではなかなか気づけない弱点があります。S.Tのテスト対策はテストに出る問題を教えるだけではなく、勉強方法における弱点を見つけて、「勉強力」をつけるための訓練を行う機会だと考えております。