定期テストの勉強法について

先日中間テストが終わったと思っていたら、もうすぐ期末テストです。

中間テストの際は、希望者はテスト4週間前から理科・社会・国語のテスト対策を開始しました。(英語と数学については通常授業で課題があるためテスト2週間前までは通常授業でした)。

結果として、テスト対策参加者の平均得点上昇率は、理科22点、社会13点、国語15点でした。学校によっては学年平均自体が高い科目もありましたが、それでもよく頑張ったと思います。

一方で、勉強した割には思うような点数が取れなかった子もいました。塾で指定された範囲を、指定された方法で、指定された回数実施したにも関わらず差が出た一番の原因は、「問題文を読んでいない」ということです。

テキストを繰り返し解いていると、問題文を少し読んだだけで回答できる状態になります。そうなるまで勉強した努力は素晴らしいのですが、問題文の冒頭を読んだだけで回答を書く子のほとんどは、試験で点数が取れません。なぜなら、何となくの雰囲気で答を覚えていたり、ひどい場合には問題の並び順で答を覚えてしまっており、問題内容をきちんと理解していないためです。

残念ながら、これは効率的な勉強法ではありません。それどころか、問題内容を理解しないまま解答を覚えているため、試験本番で少しでも表現内容が変えられると答えられなくなってしまいます。

対処法としては、解答から問題文の内容が説明できるか確認することが有効です。また、答が分かっていたとしても、問題文を途中まで読んで答えるのではなく、問題文を最後まで読み切ってから答える習慣が大切です。

暗記作業も大切ですが、暗記に頼りすぎるあまり、問題文の内容を理解をおろそかにしないように気をつけましょう。ワークやテキストは繰り返しやること自体が目的ではありません。「テストで答えられる状態にする」ために、繰り返し勉強をするのです。繰り返すこと自体が目的になってしまうと、問題内容をおろそかにした解答暗記に走ってしまい、テスト本番で点数が取れません。

まもなく期末テスト対策を実施しますが、以上の点に注意して、勉強に取り組んでください。