脱・勉強もどき

定期テスト期間に入る前、中1と中2の生徒達には「学習計画表」を配って、毎回の勉強前と後に記入してもらっています。
毎回の勉強時間がムダなもの(机に向かっているだけで内容がともなっていない状態)にならないようチェックするのが学習計画表の役割ですが、この土日は一度勉強した内容が定着しているかを確認しました(1人あたり15分ほど)。

私が口頭で問題を出しそれに答えるという形式ですが、重要な問題は少し聞き方を変えました。というのは、学校のテストではワークの内容がかなりの部分を占めていますが、ワークとまったく同じ形式で出されるわけではなく、多少聞き方を変えて出題される問題が多いからです。たとえば、ワークでは ( ) book is this?(これは誰の本ですか?)となっており、カッコにはWhoseが入りますが、諮問試験では「これは誰の本ですか、を4語で答えて」という具合に聞きました。しっかりと内容を理解しながら進めている子はきちんと答えられるのですが、テストで点が取れない子はほとんど答えられません。ワークと同じように尋ねれば空欄部分は答えられるのですが、英訳できないだけではなく、同じ文中の単語の意味を理解していない(和訳ができない)、発音できないというケースも散見されました。

ワークを2周以上している子で平均点前後の子の多くは、そのような状況に陥っています。テストではワークの形式から少し変化したものが出される、ということは分かっているようなのですが、その対策をせず、ただ何度も繰り返している状態です。「テストでは他の聞かれ方をするかもしれない」という予測を持っていれば、当然、前後の単語の意味や読みも理解できていなければなりませんし、分からなければ意味を調べなければなりません。しかし、そのような予測をしていなかったり、あるいはワークの問題以外の内容理解を「面倒なこと」として避けて通るのは、勉強風景だけを見るとマジメにやっているように見えますが、内容としては不真面目です。そうした形式的な勉強は「自分は勉強をしているのに伸びない」という意識につながっていくのですが、そのまま放置していると、無気力や「どうせダメなんだ」という諦めにつながってしまいます。

勉強ができるようになる子は例外なく、「勉強もどき」から意味のある勉強に変わっていきます。今回の面談(諮問試験)で、内容の伴った勉強なのか、そうではない勉強なのかが分かったと思いますので、常に「勉強もどきになっていないか?」を意識して机に向かってもらいたいと思います。

まもなく私立入試(志望校選びについて)

週末は私立入試です。個別相談会などで確約(いまは確約というワードを使ってはいけないみたいですね)をもらっているとはいえ、初めての入試に緊張している子も少なくありません。塾では入試当日までの過ごし方について話をしていますが、生徒達も緊張感をもって取り組んでいます。

よく「入試は情報戦だ」と言われますが、今回は「情報」という観点で入試を考えてみたいと思います。
志望校探し、高校の内部事情、入試傾向と入試対策、必要な成績の基準、入学してからの生活など、受験生は様々な情報を分析して自分の進路を決定しなければなりません。しかしながら、「自分にとって最適な選択」をしようとするといくら時間があっても足りません。さいたま市から通える高校は実にたくさんありますから、一つ一つの高校を吟味して最良の高校を探し出すことは非常な労力を必要とします。今はネットで様々な情報を集めることができますが、ネット上にある幾千万の情報に触れれば触れるほど、何が真実で有用な情報なのか分からなくなっていきます。また、高校説明会に行ってもよいことしか言いませんから、行けばいくほど分からなくなるなんてこともあります。

そのため多くの受験生は、身の周りの先輩や知り合いが通っている高校に興味を抱き、2~4校ほどの候補の中から選ぶことになりますが、私は案外この方法が無難で間違いないと思います。やっぱり、身近にいる人の意見が一番役立ちます。ただ、話に聞くのと実際に通ってみるのとでは大きく違うことなどよくある事です。同じ高校であっても出会う友達や担任の先生によって運命は大きく変わりますし、そうした影響力は校風とかカリキュラムなどよりよほど大きいです。ですからあまり情報に過敏にならずに、「まぁここなら悪くないか」と思える高校ならよいと思います。

一番大切なことは、しっかり勉強して学力を上げ、入試に向けて全力で取り組むことです。焦らずくじけず諦めず、入試までの時間を過ごしてもらえればと思います。

100万分の1になる

何かの道で突出した存在になるには、ある程度の才能が必要とされます。
たとえば中学生100人を無作為に選んだとします。その100人の中で一番足が速いとか、一番勉強ができるとなるのはなかなかハードです。というのは、中学生であれば勉強やスポーツに携わっている人が多いため競争相手が多くなってしまうためです。一方で、「車の名前を100種類以上言える」とか「簡単な機械を一旦バラしてまた組み立てられる」といったことは、勉強とかスポーツに比べれば競合(それに努力を傾けている人間)が少ないので100人の中で1位か2位になれる可能性はグッと高まります。

100人の中で1番になれるものが1つだけなら「100分の1の存在」ですが、1番になれるものが2つあれば100×100で「1万分の1の存在」になることができます。さらにそれが3つあるなら100万分の1の存在です。

最近ではアイドルや芸能人でも本業以外で一芸とか資格とかスキルを持つ人が増えています。株式取引に詳しいアイドルとか、ソムリエの資格をもっているモデルとか、同じ集団の人がなかなかもっていなさそうなスキルを持つことでオンリーワンの存在になることができます。

どんな道でも、その道で日本一、世界一になることは非常に難しいですが、無作為に選ばれた100人の中で1位になれるものを3つ持つことはそれほど難しいことではありません。ただ、3つのことがまったくバラバラだと、たとえ100万分の1の人間になったとしてもあまり使い道が無いかもしれませんが、ある程度関連したものが3つとなると大きな武器になるかもしれませんね。

ギリシャ

つい先日は雪が降ったりとすっかり冬モードになりました。本日(日曜日)も朝から与野西中のテスト対策です。

昨晩は久々に12時前に寝たのですが、4時にぱっちりと目が覚めてしまいました。するとなぜか突然ギリシャの経済状況が気になりネットで調べたのですが、どれも半年前とか1年前の記事で、最近の記事があったかと思うとあまり要領を得ないものが多かったのでギリシャに在住している人のブログを探してみました。するととてつもなく面白いブログを見つけてしまい、3時間ぶっ通しでブログ記事を読み漁ってしまいました。

そのブログはギリシャで料理人として働く2人の若者(埼玉出身&広島出身)の生活をつづったものなのですが、ギリシャでの生活やギリシャの国民性が面白おかしく書いてあり、記事にぐいぐいと引きつけられました。

ギリシャは日本と比べて不便で非効率なことが多いそうなのですが、かといって不幸なわけではなく、とても幸せそうに暮らしているそうです。そのブログを読んでいると、ふと昔読んだ話を思い出したので引用しておきます。

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも活きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は、「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。
旅行者が、「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」と旅行者が聞くと、漁師は、「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房と昼寝して、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキシコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」と旅行者はにんまりと笑い、「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんと昼寝して過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

20が10に

期末テスト対策真っ盛り。ここに来て勉強の質が向上している子が目立つようになりました。塾の確認テストで20問間違えていた子が、同じ時間勉強しても間違える数が10問に減っています。

「勉強方法が分からない」という子がよくいます。しかし、勉強方法が間違っているわけではないことがあります。単に自分のものとして扱えるまでのレベルに到達していないだけなのです。そうなるためには、適切な環境と反復練習が必要です。せっかくやり方は合っていても、途中で放り出してしまうとまた振り出しに戻ってしまいますが、これは成績が中々上がらない子によくあるパターンです。

正しい方法であっても、それを身につけるまでにはある程度の時間と労力が必要とされます。途中であきらめずに継続できた子が、自分を伸ばすことができる勉強力を身につけられるのだと思います。

わがまま

夏期講習も21日目。夏休みもあと一週間で終わりです。

今日は台風で朝から大荒れでしたが、中3夏期講習は通常通り実施でした。帰宅時に風が強い場合は風雨が止むまで塾で自習をして帰るように指示をしましたが、いま現在(15:45)ほとんどの中3生が塾に残って勉強しています。

ところで、今日は中2生の問題について考えてみたいと思います。中だるみの鬼門とも呼ばれる中2にあって、成績上位層は一定のペースで勉強に取り組んでいるため(一定のペースで取り組めるから上位層にいるとも言えます)、成績が下がることはほとんどありません。中2で一番成績を落とすのは、中位~下位にかけての子たちです。もともとそれほど成績が良いわけではない上に、さらに成績が下落してしまえばさぞかしご両親もびっくりなさると思います。そして成績が下がった子達が口をそろえて言うのが、「学校の勉強が難しくなってきた…」、「ついていけなくなってきた」という台詞です。

はっきり申し上げると、「学校の勉強が難しくなったため」成績が下がるということはありません。もしも学校の勉強が難しくて理解できないものになっているのであれば、もともと自分より成績が下の子も同じように難しくて理解できないはずです。突如として自分だけが先生の言っていることが分からなくなり、自分よりも学力が下の生徒たちにどんどん追い抜かれてしまう、という状況は通常考えられません。成績が下がるのは、もともと自分と学力が近い子達よりも「怠けているから」なのです。

では、どんな子が他の子達よりも怠けてしまうのでしょうか?

さまざまな卒業生を見てきて感じるのは、「わがままな子」ほど成績の下落幅が大きい様に思います。勉強は多くの子にとって、「やりたくないこと」です。それでも、「やっぱり勉強はちゃんとしなければならないよな」、と思うからこそ、定期テスト前の勉強や学校の課題や宿題に取り組むのです。つまり、「やらなきゃ>やりたくない」という関係が成り立つ場合においてのみ子ども達は勉強に取り組みます。しかし、「やらなきゃ<やりたくない」の精神状態になった子は勉強時間が減り、提出物や宿題もおろそかになり、授業も上の空で聞くことになります。こんな状態で成績が下がらないはずありません。これで成績が上がったら奇跡です。

ただ、そんな生徒でもしっかりとやることがあります。それは、「親に対する言いわけ」です。すなわち、「学校の勉強が難しくなってきた」だとか、「やっているのにできない」とか、「勉強のやり方が分からない」という必殺技です。それを聞いたご両親は、さぞかし心配されるでしょう。「もっといい参考書は無いだろうか」、「塾を変えた方が良いかしら?」、「塾だけではなく家庭教師もつけるべきかもしれない」など、お子さんにとって必要な手立てをあれこれ考えるはずです。しかし残念ながら、そうした親御さんの反応を見た子供たちは、「よしよし、どうやら本気にしてくれたみたいだぞ」と内心ガッツポーズをしているはずです。そりゃそうです本当はわがままで怠け者の自分を、「あわれで同情されるべき子羊」に偽装することができたわけですから。勉強ができなくなった原因が自分自身にあるのではなく、何か特定不能な外的要因にあるとする「嘘」が認められ、それを解決する労力を親に押しつけることができたわけですから、「勉強しなければならない」という肩の荷が下りるのです(そんな子達が最も恐れる親御さんからの台詞は、「つべこべ言ってないでちゃんと勉強しなさい!!」という一喝です)。

自分と同じ年齢、学力、能力、環境の子が勉強という中学生にとっての仕事を果たそうと頑張っているときに、自分だけその仕事から逃げ出そうとするのは、「やりたくないことはやらない」というわがまま以外にあり得ません。ましてやご両親が一生懸命働いたお金で塾に通わせてもらっているにもかかわらず、そうしたご両親の努力を何とも思わず、無駄にしてしまうだけではなく、その心配を逆手にとって欺こうとする行為は、我がままであるだけではなく不誠実であると言わざるを得ません。わがままで不誠実な大人になってしまえば、受験、就活、仕事、婚活、家庭、子育ての、どこかで必ず馬脚をあらわし、つまづくはずです。そりゃそうです。自分がやるべきことに対して我がままで怠惰で不誠実なんですから。そんな人が社会や他人から承認されるはずがありません。私は決して、「学力が低いとそうなる」と申し上げているわけではありません。まじめにやればできるはずなのに、「やりたくない」というわがままな自分に負け続け、その状態に慣れ、言い訳でその場をごまかすという悪癖に身を委ねることが、将来の好ましくない結末につながると思っています。

でも、人間は失敗をして成長します。ましてや中学生ならなおさらです。中2で間違った道を進もうとした子でも、中3になってから自律心や責任感が生まれ、人が変わったように勉強に向かう子もいます。子ども時代というのは、失敗から学ぶというプロセスのためにあると言えます。だから別に失敗したって良いんです。ただ、それが失敗と分かった時点で修正に向かわなければ、無責任で信頼されない大人になってしまいます。

そうなってしまわないためにも、目の前にあるやるべきことには、ぜひしっかりと取り組んでもらいたいと思っております。

土曜日特訓

中3夏期講習も本日で13日目が終了。半分の日程が終了したことになります。

中3生は夏期講習で学んだ分野をさらに定着させるため、土曜日に「週間総復習」を実施しています。社会、理科、英語、漢字などの暗記系を中心に、月~金で学んだ内容の総復習を実施するのです。先日の土曜日特訓では社会260題、漢字330題を実施。2時間半いっさい休憩なしで行いましたが、みな非常に集中して取り組んでおり、「さすが受験生」と思わせる学習姿勢でした。

前回の土曜日特訓では、ノートのとり方が悪い子、字が汚い子、テスト勉強がおろそかな子に個別に指導(説教?)しました。そのせいか、今回の土曜日特訓では学習水準がかなり改善されており、平均点も前回より大幅に上昇していました。

自分で工夫して学習することも大切ですが、基本となる正しいフォームをしっかりと教わることも大切です。基本あっての応用であり、一流と言われる人ほど基本を大切にしています。これから先、受験に向けて過去問や入試対策問題を実施するにあたって基本となる勉強フォームが悪ければ、どんな教材を使っても多くの時間をかけても実力は思うように上がらないでしょう。

この夏は基本問題の総復習をするためだけではなく、勉強フォームを見直すためにも大切な時期だといえます。正しい姿勢で学習できているかを今一度見直し、より「伸びる」姿勢を身につけてもらいたいと思います。

弱小野球部

夏期講習9日目。本日の確認テストで点数が悪い人が数名。夏期講習初日にやる気に溢れていた子も少し疲れ気味の様子。ということで、今日の授業ではこんな話をしてみた。

「先生は高校生の時自転車通学をしてました。毎朝とある高校のグラウンドの前を通っていたんだけど、朝のグラウンドには誰もいません。そんな無人のグラウンドが日常風景でした。ところがある朝、グラウンドに野球部の姿がありました。そんな光景は初めてです。しかし朝練はわずか1週間で終了して、再び静かなグラウンドに戻っていました。後で分かったことなんだけど、その野球部は夏の最後の大会(甲子園埼玉県予選)に向けて朝練をしていたようです。しかし直前のわずかな練習で実力が上がるはずもなく、1回戦から20点差以上でコールド負けてしまいました。では強豪高校はどんな練習をしているのでしょうか。おそらく、最後の大会の1週間前であろうと半年前であろうと、毎日同じように厳しい練習をしていたのでしょうね。だからこそ強豪と呼ばれるだけの力がつくのだと思います。みなさん自身の勉強についてはどちらだと思いますか?テスト直前だけしか頑張らない弱小野球部なのか、常日頃から厳しい練習を積む強豪なのか」

夏期講習初日の「この夏で生まれ変わるぞ!」という大きなやる気が、9日目を迎えて少したるんでしまった子はいま一度自分の勉強姿勢を見直してもらいたいと思います。

中3夏期講習 国語記述問題

本日で夏期講習4日目。国語の授業では記述問題での回答方法について説明しました。「~について25文字以内で説明しなさい」という設問の裏にどのような意図が隠されているのか、回答に必要な情報はどのように集めてくるのか、集めてきた情報をどのような順序で記述するのかについて、ホワイトボードで字数を確認しながら説明しました。サラッと説明してしまえば1分で終わる問題ですが、授業ではかなり時間をとって説明しました。

これから受験に向けて、膨大な量の問題を解いていくことになります。しかし、先を急ぐあまり一つ一つの問題への取り組みがおろそかになってしまえば学力は決して上がらないでしょう。出会った問題は確実にできるようになるまでやりこむ。それが受験勉強での鉄則だと思います。

もうすぐ期末テスト

期末テストまであと3週間です!

東中の1年生は初めての定期テストなので、前回授業で定期テストの勉強法について時間をかけて説明しました。中2の授業では「効率のよい勉強法ってなあに?」について説明。中3の授業では「ノートの使い方」についてあらためて説明していきます。

勉強の基本的は何度説明してもしすぎることはないと実感しています。S.Tに通う子達には単に勉強を教えるだけではなく、「どんな風に勉強すればよいのか?」についてもしっかりと語りかけていきます!!