塾長紹介

S.T進学教室 塾長 山崎雅博
1983年 埼玉県与野市に生まれる
2006年 明治大学卒業後 川崎汽船に入社
2009年 S.T進学教室を開設
仕事に励む一方、趣味の料理や、フルマラソン(7回出場)、トライアスロン(5回出場)などにも取り組んでおります。

学習塾を始めたきっかけは、かつて通っていた塾の恩師に勧められたからです。川崎汽船での仕事はすごく充実していましたし、「自分が塾の先生!?」と、最初は絶対に合わないと思いました。しかしよく考えてみると、教育ほど意義深い仕事はないと思いました。自分が生徒だったら通いたい塾、自分が親だったら通わせたい塾をつくりたいと思い、3年間のサラリーマン生活から一転、塾を始めることにしました。

9年目を迎えた今、塾は確実に進歩しています。定期テスト対策や入試対策も充実しましたし、塾内設備も学習環境も飛躍的にアップしました。でも、そのような外面的な変化よりも、多くの卒業生たちと受験という試練を共に乗り越え、時に苦しく時に楽しいたくさんの体験を積んでこれたことが何よりの財産だと思います。塾を始めたころは、実家を改装して無理やり教室をつくり、隣のキッチンから焼き魚の匂いが漂う中で授業をしていました。教育や塾業界についてまったくの素人だった私に、大切なお子様を預けて頂いた皆さまがいなければ、今のS.Tも私も存在していないと思います。

私はみんなで何かに向かって、ワーッと努力するのが好きなのだと思います。小3~大学4年までクラブ活動をしてきましたが、目標を持って努力するのは楽しいです。苦しいことや思い通りにならないことはたくさんありますが、最後にはやっぱり「あきらめずに続けていて良かった」と思えます。一生の仲間が得られることもあります。

中学生は人生で最もダイナミックに成長する時期です。成長するための材料は何でも構わないと思いますが、勉強というのは成長にとって効果的な方法のひとつだと思います。どうせやらねばならないことなら、誰かから押し付けられてやるよりも、自分から積極的にやった方が絶対に良い結果が得られます。

「勉強をがんばりたい!」、「自分を変えたい!」。そんな思いを持つ人のために、S.T進学教室は存在します。ぜひ一緒に、S.Tでがんばってみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です