その1:定期テストの研究

その1:定期テストの研究

S.Tでは、各中学校の定期テストの傾向を徹底的に分析し、各教科でどんなタイプの問題が出題されるているのかを知ります。そうすることで、対策すべきことが明確になります。

万全の定期テスト対策 1

例えば、ある中学校の分析では、上記のような分析結果となりました。この分析結果から、どんなことをすれば良いか。簡単に説明していきます。

‐学校指定ワーク

まず、5教科全てで出題の大部分を占めている「学校指定ワーク」とは、各中学校で各教科ごとに指定されている問題集のことです。学校で指定されている問題集ですから、この中から出題されるのは当たり前ですよね。

多くの生徒は、この「学校指定ワーク」をキッチリと勉強したのに、「テストで得点を取ることが出来なかった・・・・」と言います。それは何故でしょうか。私たちは、学校指定ワークと定期テストで出題されている問題を1題1題徹底的に分析してみました。

すると・・・・、次のようなことが分かったのです。理科の例で説明します。

  1. 学校指定のワーク
    「二酸化マンガンに過酸化水素水を加えると、○○○が発生する」  答え「酸素」
  2. 学校の定期テスト
    「○○○○に過酸化水素水を加えると、酸素が発生する」 答え「二酸化マンガン」

このように、問われている知識そのものは、まったく同じですが、問われている箇所が若干異なります。この若干の違いに対応できない生徒は、どんな勉強をしているのでしょうか。

これは、生徒達が「学校指定ワーク」の「答えに至るまでの論理や知識」を理解・暗記せず、「問題3-1の答えは酸素だ」というように表面的に学校指定ワークの答えのみを覚えようとしているからです。

ですから、こういった勉強法を行ってしまっている生徒達は、学校指定ワークだけを行っているだけでは、いつまでたっても点数を上げることができません。どんなに時間をかけても中々点数が上がらない、ということはありませんか? S.Tは、こういった生徒達であっても、点数を上げられるような学習指導を行っています。定期テストでお悩みの方は、ぜひS.Tの授業を受けてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です